HDDに残す場合の注意点

大容量の写真を保存できる

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真は、印刷せずにそのままデータとして保存しておく人も多いのではないでしょうか。パソコンのハードディスクに保存しておくと、写真の加工や印刷も手軽にできて便利です。とはいえ、あまりに多くの枚数を保存するとなると、画像データでハードディスクが圧迫されてしまいます。場合によっては、起動しなくなることもありますので、パソコンの容量はしっかりとチェックしておきましょう。パソコンの動作を安定させるなら、外付けハードディスクに保管することも考えていきたいところです。オンラインへの保管時とは違い、アップロードの必要もないので、写真のサイズを変更することなく高画質で保存できるのもメリットです。

ハードディスクにも寿命がある

ハードディスクにはかなり多くの写真を保管することができますが、注意点も知っておきたいところです。まず、ハードディスクは使用する環境によっても違いはありますが、寿命は10年程度といわれています。長期に保管したい場合は注意が必要です。それから、故障や水没などの影響で保管したデータが消えてしまうリスクもあります。もしもに備えて、バックアップを取っておくと安心です。クラウドに保存するとなると、データのアップロードやダウンロードの手間はありますが、もしもパソコンやハードディスクが故障したときもデータに影響が出ないので安心です。ハードディスクに保管している場合でも、絶対に消したくない大事な写真はオンラインでも保管するなど併用も考えてみましょう。