DVDに保存するメリット

大容量の写真をコンパクトに保存できる

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真は、データのままで保管している人も多いのではないでしょうか。データのままで保管する方法にも色々な種類がありますが、DVDに保管している人も多いといわれています。DVDを利用するメリットとでは、CDよりも大容量のデータを保管できることがあげられます。さらに、パソコンのハードディスクを圧迫することもないので、パソコンの動作も安定します。パソコンに保管したままでは、もしもの故障や水没が発生した場合は大切なデータがすべえて消えてしまうリスクもあります。その点、DVDならパソコンが故障した場合でもデータに影響はありません。新しいパソコンに買い替えた場合でも、すぐに写真を閲覧できるのもDVDの良いところです。

バックアップを取っておこう

DVDは、何枚でも使うことができるのでテーマ別や年代別に保管したいときにも向いています。DVDには多くのデータが保存できますが、破損のリスクもありますのでバックアップを取っておくとより安心です。長期に良い状態で保管するためには、高温多湿な場所や直射日光が当たる場所に置かないことも大事です。熱のこもる場所では短時間でデータが壊れることもあるので、車内に長期に置くようなことは避けるようにします。 傷ができるとディスクを再生できなくなる可能性もあるので、プラスチックケースに入れて保管するようにしましょう。汚れてしまった場合も、ゴシゴシこすらずに眼鏡クリーナーのような柔らかい布で優しくふき取るようにします。DVDの種類によって、書き込み回数やデータ容量には差があるのでしっかりと確認して最適なものを選びましょう。