クラウドを利用するメリット

柔軟な使い方ができる

インターネットを通じて写真を保存するクラウドは、利用する人に応じて色々な使い方が実現できる、柔軟性が強みです。まず使用できる端末の種類が、パソコンやスマートフォン、タブレットなど非常に幅広いです。インターネットに接続する機能さえ備わっていれば、端末の種類は限定されません。接続は無線で可能なので、USBポートのような設備も必要ないです。

そして、料金によって、使用する容量を変えられるクラウドが多いです。保存する写真がそこまで多くないのであれば、最も安いプランを選択しても、十分対応できる可能性があります。そして、途中で容量を変更可能なので、写真の枚数が増えてきたら、高いプランに切り替えられます。したがって、必要最小限のコストで、手元にある写真データを全て保存できるわけです。

写真がなくなってしまうリスクが低い

HDDやDVDなどの記録媒体を使用して写真を残す場合、その記録媒体自体が破損すると、中に入っている写真は失われてしまいます。その点クラウドであれば、写真が保存されているのはサービス側のサーバーの中です。そして、サーバーは専門家によって定期的にメンテナンスされ、必要に応じて新調されます。そのため、破損によって写真が失われることはまずありません。

また、手元にある記録媒体で写真データを保存する場合、間違って削除してしまうリスクもあります。そのような間違いの対策としては、バックアップが有効的ですが、バックアップを作ること自体が手間です。クラウドであれば、自動バックアップ機能が備わっているものが多いです。そのようなクラウドを選択すると、自らバックアップを用意しなくても、削除してしまった写真を簡単に復元することが可能です。