DVDの形で残す場合の注意点

高温多湿の場所を避ける

写真をDVDに記録して残す場合、そのDVDの保管場所に注意しなければなりません。DVDは熱に弱く、高温の環境に置いておくと、変形してしまう恐れがあります。また、湿度にも弱く、高湿な場所に長時間置いておくと、カビが発生してしまいます。いずれの場合も、記録面をしっかり読み取ることができなくなるため、保存してある写真が失われる可能性が高いです。

さらに、日光が当たることも良くありません。DVDの素材そのものではなく、内側にある記録面が日光によって劣化してしまいます。DVDは、透明なケースに入れて、なおかつガラスやアクリルなどでできた棚に保管すると、日光が当たりやすいです。そうすると、写真データが破損しかねません。したがって、透明ではなく、暗い色のケースや棚を使用した方が無難でしょう。

保存する向きと汚れにも注意

写真をDVDの形で残しておく場合、ずっと保管したままということも珍しくありません。場合によっては、1年以上DVDを取り出さないこともあるでしょう。そのような長期的な保存をするのであれば、DVDは縦の状態にするのが基本です。DVDは平たい形状をしているため、横向きにしておくと、重力の影響を受けて変形しやすいです。そのため、重力が干渉しにくい、縦向きにします。積み重ねられるからといって、横向きにするのは止めておきましょう。

また、長期的に保管する前には、記録面に汚れが付着していないかを確かめることも大切です。DVDの記録面に付いた汚れは、放置しておくと、DVDを変質させる恐れがあります。また、しつこくこびりついて、取り除くのが大変になることも珍しくありません。そのようなことにならないために、保管する前の段階、汚れを落としやすい状態の時に、きれいにしておきましょう。